成績110番 > > 2020年 大学入試改革 その4

2020年 大学入試改革 その4

大学の話を持ち出すと、小学生や、
中学生の保護者の方は

スポンサードリンク

「まだまだ先の話だから」

と思われるかも知れません。
ですが、実際には

「私立の小中学校は対応し始めている」

のです。中学受験でも大学入試に
合わせた

「総合科目で受験」

授業でも

「大学入試に合わせた授業」

などをスタートしています。
それがどういう影響が出るのか
というと

「それらの子と競争して大学に入る」

ようになるのです。私の大学にも、
私立中学・高校出身の学生も入学して
いました。

 「大学入試」

は基本的には全国レベルの競争になり
ますので、

「今までのやり方の勉強」

だけでは、通用しなくなります。
特に

「同じ問題を大量に解くだけ」

の勉強方法では今の学校の成績は
取れるかも知れませんが

「進学高に行くようになればなるほど」

成績が伸びなくなります。

 それでは実際の大学入試が変わって
いくのかを続いて解説しますね。


================================
4.各大学の個別試験が変わる
================================

前回からセンター試験が大きく変わる
という話をしてきましたが、2次試験
にあたる各大学の試験も大きく変わり
ます。

国立大学で通常2月25日からスタート
する、前期・後期試験(公立などは中
期試験)もです。

さらにそれだけではなく私立大学の試
験も変わっていくでしょう。

文部科学省の中央教育審議会が公表し
ている内容には、

「小論文」
「面接」

「集団討論」
「プレゼンテーション」

「調査書」
「活動報告書」

「資格・検定試験などの成績」
「各種大会などでの記録」

などを入試に活用する方針も打ち出さ
れています。

これについては、まだまだ変更されて
いくようですが、より実践的な内容に
変わっていくように思います。

実際に「私立中学」でもこれに対応し
て、

「体験指導」
「プレゼンテーション」

「集団討論」
「作文指導」

などを取り入れてきています。

先日も書いた

順天大学の「コートの男」の絵だけを見
て作文を書かせたり、愛知医科大の
「婚約破棄」の手紙を書かせたりと、
いろいろな視点で物事を考える必要が
出てきます。

では、何からスタートさせるのか?

その話を次から書いていきます。

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。