成績110番 > > 【これ】で悩みました1

【これ】で悩みました1

受験生になるといろいろ相談される
ことが多いです。その話を・・

スポンサードリンク

この話は

「受験生」「就職希望」

の方にも当てはまると思いますので
ぜひ参考にしてください。

勉強をするのに大切なことは

「動機」

です。つまり

「がんばる理由」

です。自分にとって

「がんばる理由」

が強ければ強いほど勉強に対して
力が入ります。

受験勉強をしているといつも調子
がいいときだけではありません。

「勉強しているのに成績が上がらない」
「勉強に疲れてきた」

というときにも

「がんばる理由」

が必要なのです。その1つが

「自分の将来の進路が明確」

であることが大切です。
私の会員さんにも

「将来は医者になる」

と決めて勉強しているお子さんがいます。
家庭の事情で(家が医院)で

「医者になる」

と言う子もいれば、小さい頃にお医者
さんにお世話になっているので

「医者になる」

という子もいます。どちらも

「医者になる」

という将来の目標がはっきりしている
ので

「がんばれる」

のです。当然

「毎日毎日問題集をする」

という努力も続けています。
こういう子は

「強い」

ですね。だから、受験勉強と同時に

「将来の方向性」

を決める必要があります。例えば
勉強するのは、


「将来役に立つから」
「選択の幅が広がるから」

と「弱い理由」では中々勉強に本気に
ならないと思います。それでは

「将来の方向性を決めるには
 どうしたらいいのか?」

というとやるべきことは次の2つです。

「自分のことを知る」
「進路について調べる」

これだけです。
まずは、これを徹底的に調べるのです。
というのは、私も

「進路について」

はすごく悩みました。
自分でいうのもなんですが

「半年間悩み続けた」

ことも多かったです。
私が悩んだのは全部で3回。

1回目は中2。
2回目は高2。
3回目は大2。

です。1回目のときは

「自分の無目標」

についてすごく悩みました。
というの同級生の中には

「将来は学校の先生になる」

という明確な目標を決めている子も
いました。当然ですが、

「成績も良い」

のです。

学校の先生になる
→だから勉強する

という明確な理由があったのでそういう
子がすごくうらやましかったです。
私の場合は

×××・・・無目標
→何となく勉強する

だったので自分にとっては

「何で勉強しないと行けないのか?」

ということで悩んでいました。特に

「勉強が苦しくなったり、
 成績が伸び悩むようになったり」

するときは(笑)

 ですが、私の近所では

「進路が5つの学校」

しかなかったのでその1つに進学
しました。

理由も

「他の学校に行く理由がない」

というだけです。私のときには

「普通科」「商業」「工業」「農業」

の4つの方向性では、私のタイプ的には

「工業」「農業」

は考えていなかったので残る選択肢は

「普通科」「商業」

でしたが、「商業」もピンとこなかった
ので「普通科」に。

ですが、今度は高校に入って

「どの方向に進むのか?」

ということでいろいろ悩みました。
特に

「高2」

のときはには進路を決定するのに

「心理テスト」

を受けました。今はないのかも知れま
せんが

「学研」「蛍雪時代」

についていた付録でお金を払って心理
テストを受けてみました。

一応進路が決定したものの

「本当にそれでいいのか?」

という自信はありませんでした。
今でもそうですが

「これが生きる道」

というのが決まっていなかったのです。
もちろん

「自分のやりたいこと」

はありましたが、

「自分に向いているのか?」

というのがわからなかったのです。
それで

「心理テスト」

を受けてみたのです。その結果は・・

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。