成績110番 > > 成績の良い子になる方法1

成績の良い子になる方法1

成績の良い子の特徴をいろいろ書いていくと、

スポンサードリンク

すべてにおいて

「スピードが速い」

という特徴があります。

どんなことかと言うと、

「計算のスピードが速い」
「意味調べのスピードが速い」

「問題を解くスピードが速い」
「暗記するスピードが速い」

そして、

「間違いを直すスピードが速い」
「理解するのが速い」


のです。

 これらの

 「スピードが速い」

とどうなるのかと言うと、
例えば

 A君 1時間の勉強 問題数  50問
 B君 1時間の勉強 問題数 100問

という具合に、同じ勉強時間でも、
やっている量が違っていきます。

 こうなると同じ時間でも、B君の方が
成績が良いです。

 実際に

 「部活と両立している」という子にこういう
子は多いです。すごく集中して勉強をします。

 今の例で言うと、

 A君の勉強時間×2=B君の勉強時間

ということになります。

 それでは、

 「うちの子は他の子の2倍しないといけない」

なんて思わないでください(笑)

 どうすればいいのかという、その解決方法としては、

「時間を意識してスピードを上げさせる」
「集中させる」

のです。例えば、成績の上がらない子でも

「集中すれば」

スピードは上がります。また、問題数はこなせなくても
結果はでてきます。

 具体的の方法は、1つはいつも言っている

 「キッチンタイマーを使って勉強する」

ということです。

 「計算のスピード」
 「辞書を引く」

という作業的なものはこの「キッチンタイマー」を使う
とスピードが速くなります。

「計算が雑になりませんか?」

という意見もあると思いますが、
もちろん、

 ===================
 正確さを先に教える⇒スピードを上げる
 ===================

という手順は間違ってはいけません。

 「丁寧に正確にやって、身についたら速くする」

です。
(これは、空手の師範に教わりました)

そうすることで、

 「集中して、速くなる」

ので自然と同じ時間でもこなす問題量が
違ってきます。

 まずは、この「キッチンタイマー」を
使う方法で、

 「作業時間を速く」

 してくださいね。次に

  「間違いを直すスピードを速くする」
  「理解するスピードを速くする」
  「暗記するスピードを速くする」

です。

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。