成績110番 > > 受験勉強の特徴

受験勉強の特徴

最近の相談は受験生が多いのでその話を。

スポンサードリンク

勉強ついては、作業的にいうと

「塗り絵」

と同じです。

 どういうことかというと、

「やるべき内容を一つずつつぶしていく。」

ということです。

そうです。

まるで塗り絵を丁寧につぶしていくように・・・。
例えば、中学の数学ならば、
中学3年間で学ぶ単元は以下のようになっています。


<中学1年>
正の数負の数
文字と式
1次方程式
比例と反比例
平面図形
空間図形

<中学2年>
式の計算中学2年
連立方程式
1次関数
平行と合同
三角形と四角形
確率

<中学3年>
式の計算(展開・因数分解)
平方根
2次方程式
関数y=aχ2
相似
三平方の定理

となっています。

もちろん、入試問題のすべてはこのように
きっちりと分野別に出題されるわけではありません。

ですが、学力をつけるときは、
この分野をしっかりと把握して一つ一つ身につけていくのです。

例えば、中学3年生で「関数が苦手」とすると、

「比例と反比例」
「1次関数」

を中心につぶしていきます。

 これを集中してつぶしておくのです。

「僕は関数が苦手。」
「私は関数が苦手なんです。」

というお子さんのほとんどが

「基礎力不足」
「問題数不足」

です。それを一分野ずつ

「解説」→「演習問題」

とやって力をつけていくのです。
そうやって単元を一つ一つ丁寧に
つぶしていくいくと、
入試直前になって

どうしても成績が上がらないとき、

「数学が苦手なんです。」
「どこが苦手なんですか?」

「確率と証明です」
「わかりました。その分野をみっちりとやりましょう」

となって、入試直前の1か月前はその分野を
集中してつぶすことで、

「急激な得点のアップ」
「逆転合格」

が狙えます。

 で、夏休みにその

「弱点をつぶしていますか?」

 実は今回特訓については、

「この弱点つぶし」

を考えています。

 というのは、この夏休みにそれをやっておかない、

「入試直前には大変なことになります」

ぜひ、分野を決めてつぶしていってください。

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。