成績110番 > > 考えない勉強法

考えない勉強法

最近の生徒からの相談事で多いのがこんなことです。

スポンサードリンク

 「今の内申点で大丈夫だろうか?」
 「過去問をやったけれど悪かったけど大丈夫だろうか?」
 「数学をやっているけれど間に合うだろうか?」

とどちらか言うと

 「ネガティブな質問」

です。そんなときに私が指導するのが

 「考えない勉強法」

です。とにかく考えない。

 「えー、考えないと問題が解けないじゃないですか?」

と言われそうですね。

 私が教える

 「考えない勉強法」

というのは

 「やったことに対して【結果】を考えない」
 
という勉強法です。

 「こんな勉強をやって大丈夫だろうか?」
 「このままで合格するのだろうか?」

といろいろ考えているときは成績は上がらないんですね。

 特に受験生が心配するのが、

 「今さら考えても仕方のないこと。
  自分でコントロールできないこと」

 です。例えば、よく質問されるのが

 「この内申点で大丈夫だろうか?」
 「遅刻しているけれど大丈夫だろうか?」

と当然志望校を決める前に考えること
今さら心配しているのです。

 あと、

 「倍率が高かったらどうしょう」

とか・・・(笑)

 そういったことは、公立の場合は入試問題が同じだから
ギリギリの志望校変更のときに考えればいいのであって、
今考えるべきではありません。

 実際に

 「考えないでひたすらやるべきことをやる」

と実践したときの方が成績は上がります。

 やっているときに

 ・何点とろうが、
 ・どれだけ×であろうが

結果は関係ない。ひたすら、やる。
本当にひたすらやる。

ただそれだけです。

 これが

 「考えない勉強法」

なんです。私がネットで学習塾をスタートしたとき、
オフラインで開いていた塾の生徒は、

 「たった3人」

しかいませんでした。

 途中は20名までいた生徒も最終的には、
 
 「3名」

になっていたのです。そのときは当然

 ・広告費も出せない
 ・チラシを巻くにもお金がない
 ・朝は7時から経理のバイトをしているので時間がない
 ・日曜日は「いちご狩り」のバイトと日曜特訓をして時間がない

そんな「ないないづくし」の中でネットの学習塾を
スタートさせました。

 そんなときはどうするのか?

「インターネットで塾なんかできるのかな?」
「インターネットの学習塾なんてあまり聞いたことないぞ」

 なんて考えいませんでした。

 「とにかくやらないと仕方がない」
 「とにかく前に進むしかない」

 「やらないと家族が路頭に迷う」

そう。【結果】を気にする暇がなかったんです。
 
 結果よりもとにかく進んでいくしかない。
それだけなんです。

 また、こんなこともありました。
私の兄は数年前に癌で亡くなりました。

 医者からは

 「余命半年です」

と言われて自分でもどうしていいかわかりませんでした。
本当に頭の中がぼーっとしていました。

 お客さんからクレームを言われても
右から左でした。

本当に 3日間

 泣いて、泣いて、泣いて、泣いて
 泣いて、泣いて・・・
 泣いて、泣いて・・・

 トイレで泣いて、お風呂で泣いて、
 寝床で泣いて、

 そして、また泣いて

 ネットで指導しながら

 泣いて・・・また、泣いて、

得た結論は

 「生きている間に兄に対して精一杯喜ぶことをする」

ただそれだけでした。

 とにかく泣いていても死への時間は刻々と過ぎていきます。
だから、

 「どうすれば兄が喜ぶだろうか?」
 「どうすれば生きててよかったと思ってもらえるか?」

それだけを考えてやっていきました。

 「死んだら・・・」

とか

 「あーかわいそう」

なんて時間はありません。

 仕事をしながら、片道1時間以上かかる道のりを
毎日通い、仕事で遅くなったときは、
夜中の1時に病院に兄の顔を見にいきました。

 そうなんです。

 「悲しんでいる時間はない」

のです。そうやって、生きているときに精一杯のことをやりました。

 やるべきときは

 【結果】を考えない。
 今やるべきことを実践する・・・

 それが私の言う 

 「考えない勉強法」

 です。よかったら参考にしてください。

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。