成績110番 > > この方法で充実した夏休みを!

この方法で充実した夏休みを!

さて、今回のお話は、

スポンサードリンク

「夏休みの1日の過ごし方」

についてお話しますね。

大抵の学校ではすでに夏休みに入って
いると思います。

 それで、親が家にいる場合は子どもの姿を見ることになります。
子どもは子どもなりに勉強しているけれど、

親からすると1日中だらだら・・・している

「夏休みの宿題はやったの?」
「勉強はしたの?」

という親切なアドバイス(?)もしたくなるかも
知れません。

で、子どもとしては

「せっかくやる気になったのに。
 『勉強しろ』と言われたからやる気がなくなった」

というかもしれません。

ここで問題は

「親と子の共通認識」

です。実は話をしているようでお互いのことが
わかっていないのです。

 でうちの場合はどうしているのかというと

「日別計画表」

を作ってやっています。

 例えば、毎日勉強することを子どもに
書かせています。

  9時~ 9時50分 数学 学校の宿題ワークP4-6
10時~10時50分 英語 学校の宿題ワークP7-9
11時~11時50分 国語 すらら
12時~14時    休憩
(50分単位で10分休憩)

といった感じでフォームに書いてます。

 すると子どもも1日のやるべきことがわかりますし、
親も子どもが何をやるのか、わかっているので、
一々口出すこともありません。

 例え携帯電話をいじっていたとしても、
やることをやっていたら、文句も言えません(笑)

これを朝書いて、私は目を通してあとは、
1日やってハンコを押すだけです。

できなかったことには一々言いません。
これを繰り返していくと毎日毎日が充実していきます。

いわゆる

「TO DO リスト(やることリスト)」

の日別バージョンです。
 
 ちなみに子どもにさせていますが、
私は毎日手帳を使って毎日同じことをやっています。
すでに学生の頃からですから、20年以上やっています。

例えば、今日であれば・・

  9時   ~ 9時50分 メルマガ発行(東大)
10時   ~10時50分 メルマガ発行(国語)
11時   ~12時00分 ネット授業
12時   ~12時30分 昼食
12時30分~13時30分 瞑想

こんな感じで夜まで予定を書いています。

というのも私は自営業なので、塾以外の時間は
ダラダラしようと思えばいつでもできるので、
予定を書かざるをえないのです。

つまり、毎日がほぼ夏休み状態なのです。

ぜひ、予定を立ててみてくださいね。

 夏休みの毎日が充実していきますよ。

スポンサードリンク

国語の成績を上げたい方は以下のサイトがお勧め

論理エンジン (別ウインドウ開きます)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

成績110番:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kodomohappy.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。